読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金属アレルギーのOLが樹脂でピアスを作る日々。

金属アレルギーもちのしがないOL。ピアスが好き。休日はちまちま樹脂ピアスを組み立てたり、読書したりアニメ見たり。とにかくインドアな趣味しかないOLの雑記。

血糖値を下げるたった1つの方法。

身近な医療 身近な医療-日々の仕事から

スポンサーリンク

 

糖尿病に怯えている金属アレルギーなOLです。

こんばんは。

実は去年亡くなったワタシの祖父は重度の糖尿病でした。

だからちょっぴり怯えているんです。

ワタシの膵臓は正常に機能し続けてくれるんだろうか?と。

 

糖尿病患者は本当に多い。

※今回1型糖尿病に関しては排除します

昨今日本の生活習慣病患者増加が問題になっています。

肥満・高血圧・脂質異常、そして糖尿病

その名の通り生活習慣に起因して発症する病気のことですが。

ワタシ自身は高脂血症と高血糖(&低血糖)が気になって仕方ありません。

まだアラサーのくせにって思う??

言っておくが、50歳近くになって気にしたってもう手遅れだから!

残りの人生結構ツライよ?

 

どこぞの機関が発表する統計なんて見なくても一目瞭然。

内科の患者さん達を見てると糖尿病の多いこと…。

ワタシ個人の主観だけでも十二分にヒシヒシと感じています。

 

糖尿病の治療方法は主に3つ。

  1. 薬物療法
  2. 運動療法
  3. 食事制限

ワタシは医者じゃないので医学的見地などはわかりませんが、

日頃から糖尿病の患者さんたちと話していて治療が簡単そうな順に記載しました。

そう、1番簡単に出来る治療は薬物療法。なんと言っても薬を飲むだけ。これ以上に簡単な治療はありません。

そして1番難易度が高いのが食事制限です。失敗する患者さん多数。これは本当に難しい(らしい)。そもそも食事制限をきちんと行える人はあまり糖尿病になりません。

生活習慣病になった患者さんの大半が口にする台詞があります。

【あの…。この薬って1回飲み始めたら、一生飲み続けなきゃいけないんですか?】

悲壮感漂ったお顔で皆さん同じ質問をされます。

不思議ですね。口裏を合わせているんですか?

例えば50歳で糖尿病の診断をくだされたとします。

80歳まで生きるとしたら30年間薬を飲み続ける計算です。

生活習慣病は短期間で命を脅かすような例は少ないです。

基本的には長期戦。そして完治は困難。

薬を一生飲み続けるハメになるかどうかは患者さんの努力次第です(あくまでも生活習慣が原因の場合の話です)。

タイトルに【1つ】って書いたくせに結局3つかよって思います??

いやいや、違うんです。

治療方法は3つありますが、糖尿病という疾患を克服したいのであれば手立てはたったの1つです。

つまり、先に挙げた3つの治療法を同時に行うんです。それが極めて困難でありながら効果的な方法です。

薬物療法だけではダメなんです。薬を飲み忘れたら血糖値は振り切りますし、永遠に薬を手放せない。それどころか段々薬の量が増えていく。最終的には薬だけでは抑えきれなくなります。糖尿病で恐ろしいのは合併症です。腎臓をやられたら…、行き着く先は人工透析。ここで多くは語りませんが、とても辛い治療です。とだけ言っておきます。

運動療法だけでも限度があります。食事で糖を摂取するのはいとも簡単ですが、それを全て運動で消費できるかといえば答えは絶対的にNoです。諸説ありますが、ごはん1膳分のカロリーを消費するのにだいたい1時間のウォーキングが必要とされています。1日3食。3膳のご飯を食べたら3時間のウォーキングが必要です。食事は毎日摂るのでウォーキングも毎日ですよ。それでやっとプラマイゼロです。米の分だけね。

結局の所、最終的に薬と手を切りたいなら運動療法と食事療法をバランス良く行うしかありません。手遅れになる前に。血糖値がほんのちょっと高いかな??くらいのうちに!!

 

生活習慣病を克服する患者も(稀に)いる。

先程の患者さんの疑問に戻ります。

薬は一生飲み続けなければならないのか??

残念ながら大半の人はYesです。

症状に合わせて薬が減ったりするものの、殆どの患者さんが一生飲み続けることになります。結果論ですが。

しかしながら中には極稀に、病気を克服する患者さんもいらっしゃいます。

それが先程の、3つの治療法を同時に行うという鉄の意志を貫き通した患者さんです。

食べるのが好きな人にとって、食事制限は非常にツライものです。30年間喫煙してきた人が、今日から禁煙!ってくらいにツライんですよ(多分)。

 

糖尿病患者あるある。

さて、どうしてワタシが突然糖尿病についてブログで語り始めたのか。

それは本日来院された患者様に感化されたからに他なりません。

今までのは単なる前振りですので気にしないでください。単なるワタシの独り言です。糖尿病の治療に関しては主治医の指導に従うのがイチバンですよ。(・∀・)

 

てなワケで本題です。

 

本日いらっしゃった糖尿病の患者さん(おじぃちゃん)は肥満などではありません。スタイルはどちらかと言えば細身の部類かな?と。

採血の結果は残念なもので、お薬を増量する事になりました。メトホルミン(商品名:メトグルコ)を2000mg/日から2500mg/日に増量です。

帰り際、レジ横にある飴を3袋買って行きました…。( ̄∀ ̄;)

親切なスタッフがそれとなく注意しました(ワタシはスルーした)。飴沢山食べちゃダメですよって。こういうのも血糖値に影響しますからねって。優しい…(ワタシと違って)。(TдT) 

【だって…。飴って言っても俺は1日2~3個しか食べてないんだよ。】

おい、じじぃ。(#・∀・)

毎日飴を2~3個食べるのが異常だということに気付いていない。

世の中大半の大人は、飴なんて食べない日の方が多い。たかだか1日3個の飴だと思っているのでしょうがね。1週間続けたら21個よ。1ヶ月続けたら90個。1年続けたら飴ちゃん1095個だよ!

物凄い糖量だからね…。(´°ω°)チーン 

ついでにタチが悪いのは、糖尿の患者さんていうのは食べたものを過少申告する場合が多いのだ。やましい気持ちがあるんだろうね。きっと食べちゃダメだって、頭ではわかってるんだ。皆口裏を合わせたように過少申告する不思議。(・∀・)

だからもしかしたら…。このおじぃちゃんは毎日3つ以上の飴を食べてるかも知れない。ワタシの勝手な邪推だけどね。

別の糖尿病の患者さんは、なんとソフトクリームを食べながら来院しました。

更に別の患者さんは、待ち時間にケンタッキーフライドチキン食に行っちゃった…。

皆さん結構大胆に行動しています。Σ(´∀`;)

因みにケンタッキーの患者さんは、その後人工透析になりました…。

 

結論。

生活習慣病の対策は早めに練りましょう!

数値が露骨に飛び出してからでは色んな意味で治療が困難です。

ちなみにワタシ個人が心配しているのは高血糖ではなく低血糖です。

どちらにしろ血糖値が正常値の範囲に入らないので、膵臓になんらかのトラブルがあるのではないかと思われます。

 

なんだか今日は遅くなってしまいましたが、本日ワタクシからは以上でございます。

おやすみなさい☆|)彡サッ

 

 

 

*関連(しない時もある)記事*

moon-memory-m.hatenadiary.com

moon-memory-m.hatenadiary.com

moon-memory-m.hatenadiary.com