金属アレルギーなOLの業務外報告

金属アレルギーもちのしがないOL。ピアスが好き。休日はちまちま樹脂ピアスを組み立てたり、読書したりアニメ見たり。とにかくインドアな趣味しかないOLの雑記。

【SIMロック解除手続き】ソフトバンクiPhone6sを格安SIMに移行するためにまずはやること


スポンサーリンク

格安SIMとか格安スマホとか最近よく聞く。

毎月のスマホ代って結構高いし安くなるならそれに越したことはないんだけど、

格安SIMとかよくわかんない怪しいトラブルあったらヤダ通信状況悪くなるとか聞くと不安だし何より手続きがよくわかんなくて面倒くさい!

なんて思っていました。…ワタシはね。

そんなワタシがソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えて、想像以上に安く快適に使えているのでまずはソフトバンクiPhoneのSIMロック解除手続きをご紹介。

キャリアから楽天モバイルに乗り換えた!

ソフトバンクの利用料金は月々9000円前後でした(機種代金含む)。しかし現在、楽天モバイルに移行してからは月々1600円。別途通話代がかかりますが、ワタシは殆ど通話しません。

月々の差額7400円。年間通したら88,800円の差額です。

デカイよね。デカすぎるよね。移行の事務手数料とかソフトバンクの解約違約金がかかったとしても、数ヶ月で取り戻せる差額の大きさです。絶対格安SIMの方がいい(※人によります)。

そもそも個人的な話にはなりますけれども、ワタシはソフトバンクが嫌いなのですよ。

私怨ではありますが、大嫌いです。 参照記事>>>時代はソフトバンクよりも地元のケーブルテレビ。 - 金属アレルギーなOLの業務外報告

初めて携帯電話というものを持ち始めたのが中学1年生の時。スマホどころか折りたたみのケータイすらまだ無く、なんならポケベルの時代でした。

ケータイの液晶は小さくて緑の光でドットでしたww

そして当時の社名はSoftBankではなくVodafoneですらなくJ-PHONEでしたww

その頃からずっと契約し続け苦節約20年(弱)。遂にソフトバンクと手を切る時がやってきました。嬉しい限りです。(※嫌いになったのはSoftBankになってから)

ソフトバンクで使っている機種と電話番号をそのままに格安SIMへ乗り換える

ソフトバンク(auやドコモも同様)で購入したスマホは、基本的にソフトバンクでしか使えないようになっている。つまりソフトバンクのSIMしか使えないということで、これをSIMロックという。

しかし近年、そういう独占はダメ!って事になったらしく、そのロックを解除できるようになった。これがSIMロックの解除

もともとなんの制限もなく、最初からどこの会社とも契約できるようになっているスマホがSIMフリースマホ

ソフトバンクでワタシが利用していた機種はiPhone6sです。これはソフトバンクから購入したので元々ソフトバンクでしか使えない状態でした。しかし格安SIMに移行したいワタシは自分のiPhone6sのSIMロックを解除したのです。

SIMロック解除手続き

この手続きに関しては3分で終わる。マイソフトバンクから簡単にできる。無料です。

但しソフトバンクショップに持って行って頼むと3000円とられる。簡単なので絶対マイソフトバンクから自分でやるべき。

 

 マイソフトバンク>>メニュー>>契約・オプション管理>>SIMロック解除手続き(下の方にある)>>IMEI番号入力>>解除手続きする

 

たったこれだけ。

ちなみにiPhoneのIMEI番号を調べるには…

 

iPhone本体>>設定>>一般>>情報>>IMEI

 

たったこれだけ。

 

SIMロック解除手続きは終わったあと、『え、これだけ…??』ってなりますがこれだけです。

手続き後のiPhone見ても今までと何も変わらないし、正直できてるのかできてないのか不安になるけどできてます。

手続き後は他社のSIMも使えるようになるし、そのままソフトバンクを使い続けても問題無し。

実際に格安SIMに移行するには電話番号の引き継ぎ手続きなどもありますが、SIMロック解除だけは時間もお金もかからないのでとりえずやっとくことをおすすめします。

 

ソフトバンクでSIMロック解除可能な機種についてはソフトバンクのサイトをご参照ください>>ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

 

因みに楽天モバイルの対応端末については楽天モバイルサイトをご参照ください>>

対応端末

そんな感じで、本日ワタクシからは以上でございます。

お疲れ様でした!

 

 

*関連(しない時もある)記事*