金属アレルギーなOLの業務外報告

全てのストレスを受け流し、気ままにゆるく生きる意識低めなOLの雑記。

インターネットから始まる殺人事件【ストロベリーナイト】著者:誉田哲也


スポンサーリンク

女優の竹内結子さんのイメージが強すぎる本作ですが(ワタシだけ?)、読んでみたら想像を絶する面白さでした。もっと早く読めばよかった。

【猟奇殺人事件好き】読者さんには、たまらないシリーズであること間違いなしです。

【ストロベリーナイト】著者:誉田哲也

 

溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された! 警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは? クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。

出だしから目が離せない!

ストロベリーナイトのドラマや映画は見ていませんので、どんな内容なのか知識がないまま読み始めました。

普通は小説を読む時って、読み初めの段階で自分なりの世界観を構築して少しずつ入り込んでいくイメージなんですが、今回はそんな暇なしでした!

もういきなり引っ張られて、『え?え!? なに?なに!?』みたいなw

割と最初から前のめりで読み始めました。

だっていきなり無数の切り傷付いて喉元裂かれて腹も裂かれてる惨殺死体がシートに包まれて植え込みに落ちてるんだよ!?なんじゃそりゃ!?ってなるじゃんね。

事件にインターネットが一枚噛んでいるのもポイントです。現代においては有り得そうで怖い。

警察官の9つの階級って知ってる??

ワタシは【刑事が殺人犯を追いかける】系の話が好きで結構読むのですが、警察組織は役職が一般の会社組織とは違います。

課長、部長、専務、社長!とかではないですね。巡査、警部補、警視、署長!とか。なんか独特な呼び名が出てきます。

どれもなんとなくは聞いたことがあり、下っ端っぽいな〜とか、エラそうだな〜とか、ほんのりイメージがつく程度。全くわからないワケではないからこそ、きちんと調べたこともなかったのですが…。ストロベリーナイトにはちゃんと解説が載っていました〜。

これ、小説には意外と書いてないので、助かりました。『なるほど〜』と思いながら読んじゃった。

姫川さん曰く、警察組織は、役職とは別に9つの階級があるとのこと。下から順に、

  1.  巡査
  2. 巡査部長
  3. 警部補
  4. 警部
  5. 警視
  6. 警視正
  7. 警視長
  8. 警視監
  9. 警視総監

 となっており、『階級は、初対面同士でも身分の上下を明確にし、迅速な命令系統の確立を可能にする』んだとか。

なるほど…。

ヒロインの姫川玲子は、あるトラウマから警察組織に対する一種の執着のようなものがあり、『警察組織そのもの』に対する語りが多く出てきます。

『警察もの』の小説が好きな読者にとって、ここは面白ポイントの1つです。

 

個人的には名探偵コナンの目暮警部や、ルパン三世の銭形警部はなるほど4番目の階級なのね、と、思ったり。百舌シリーズの津城さんは警視正までいったからすでに6番目までのぼったのか、とか。なんだかしょうもないことを考えてしまいました。(^^;;

ストロベリーナイトの映像化作品

小説があまりにも面白かったので、映像化作品も観ようかな、なんて思ってしまいました。

HuluやAmazonプライムビデオで探してみたのですが、Huluではヒットせず。

プライムビデオではプライム会員特典で映画のストロベリーナイトが観れるようです。

プライム会員じゃない人も300円で観れるらしい。

ドラマ版から観たかったけど、無いみたいで残念。映画版の原作はまだ読んでいないので、鑑賞はしばらく先になりそうです(まずは原作読みたい)。

小説・ストロベリーナイトを読んだ感想、まとめ

キーワドは、猟奇殺人警察もの女刑事と言ったところでしょうか。外さないやつです。

せっかくのシリーズ物ですから、続きも買って読まなければという使命感に駆られております。 

ドキドキ・ハラハラ。止まらなくなるので、夜に読み始めるのはやめた方がいいかも知れません。特に翌日仕事を控えた社会人!危険です。(´°ω°)チーン

 

そんな感じで、本日ワタクシからは以上でございます。

お疲れ様でした!

 

 

*関連(しない時もある)記事*