読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金属アレルギーのOLが樹脂でピアスを作る日々。

金属アレルギーもちのしがないOL。ピアスが好き。休日はちまちま樹脂ピアスを組み立てたり、読書したりアニメ見たり。とにかくインドアな趣味しかないOLの雑記。

8年共に暮らした家族が死んだ。

OL生活 OL生活-プライベート

スポンサーリンク

雨と風を散々叩きつけ、

嵐は足早に去っていった。

まるで夏も一緒に連れ去ったのかと思うほど。

夜の空気はひんやりと冷気を帯びて気持ち良い。

身体に心地よい風を感じながら、

ワタシは久しぶりに1人歩いた。

焦りも不安も気怠さも。

全て連れ去ってくれそうな風に流され。

ただぼんやりと歩き続けた。

 

穴が開いた。

先日、約8年共に暮らした小さな家族が死んだ。

彼女は身体こそ小さかったが、

ワタシにとっては大きな存在だった。

唯一共に暮らしていた家族。

言葉では表しきれないほどの喪失感。

泣いても泣いても涙は枯れなかった。

目が開かないほど瞼が腫れた。

毛細血管が切れたのか、腫れた瞼は紫色だった。

自宅がこんなにも無機質な場所だとは知らなかった。

仕事から帰っても、迎えてくれる彼女の姿はない。

 

そんなこんなでブログどころではなかった。

引きこもりだったはずのワタシは、すっかり家に帰るのが嫌になった。

帰る度に辛いのだ。

いつも彼女が居た場所を見て、涙が止まらなくなる。

どうしようもないほどの喪失感に襲われる。

家には帰りたくない。

視界の端に、彼女の気配を捉えてしまう。

脳が錯覚する。

いつも通り、彼女がそこに居るのだと。

仕事の帰りも予定を入れた。

翌日が仕事でも夜中まで出歩いた。

自炊なんかすっかりやめて、毎晩誰かと外で食事した。

定時で会社を飛び出していたワタシが。

1本でも早い電車に乗り、1秒でも早く家に帰るよう努めていたワタシが…。

 

それでも夜中に帰ると、彼女の遺骨を抱えて毎晩泣いた。

そのまま溺れてしまいたかった。

眠る時も、枕の隣に置いていた。

生前彼女がいつもそこで寝ていたから。

睡眠不足が続いているのに、

毎朝目覚ましよりも先に目が覚める。

睡眠のリズムは完全に崩れているし、

ワタシは無意識に警戒している。

もう二度寝をしても、起こしてくれる彼女はいない。

 

もう10日ほど前の出来事だ。

流石に少し、気持ちが落ち着いてきた。

そうして少しずつ、日常を取り戻さなければ。

甘えてばかりはいられない。