読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金属アレルギーのOLが樹脂でピアスを作る日々。

金属アレルギーもちのしがないOL。ピアスが好き。休日はちまちま樹脂ピアスを組み立てたり、読書したりアニメ見たり。とにかくインドアな趣味しかないOLの雑記。

販売スタイルの違い?


スポンサーリンク

今日は、人様の記事を勝手にご紹介。

ずっと私が感じていた温度差の原因を、

わかりやすく表現している方がいらっしゃいました。

感動しすぎて今日は長文になってしまいました申し訳ありません。

【販売スタイルの違い】ということらしいです。

とってもわかりやすい記事がこちらです。

cyancy.hatenablog.com

筆者様、勝手にすみません…。文章がわかりやくすて素敵です。

 

私は自分が金属アレルギーなので、樹脂のポストでピアスを作っています。

作ったピアスは写真に撮って、

ミンネ-minne-とインスタグラム-instagram-に並べています。

それを見て気に入ってくださった方は購入してくださいます。

その中の何名かは私のピアスを複数回購入してくださっています。

更にその中の何名かは、

大量まとめ買い&オーダーメイドのご注文をしてくだいます。

(とってもありがたいく、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。)

この一連の流れを、【ハンドメイドアクセサリーの販売】と言います。

簡潔に誰にでも伝わるので、

私もこの表現を使います。

けど、違和感がぬぐえず…。

リピーター様との会話の中で、

時々私のことを【作家さん】と表現してくださる方がいらっしゃいます。

私は自分のことを、

【ハンドメイド作家】と思ったことは一度もありません。

 

金属アレルギーだから樹脂のピアスが必要で。

既製品だとレパートリーが少ないため、

仕方なく自分でピアスを組み立てることにしたただのOLです。

材料が沢山あるので、

欲しい方がいらっしゃれば同じものをお作りしています。

いらっしゃらなければ世界にたった一つのピアスを私が使うだけなのです。

ですから私のアクセサリーは一点物ではありません。

1つでも販売すれば最低でも2点、必ず私とお揃いです。(*´ー`*)

そもそも私は、自分が作ったピアスを作品だと思ったことはありません。

商品だと思ったこともありません。

パーツを組み立てて作ったピアスであり、

それ以上でもそれ以下でもありません。

 

オーダーメイド(この表現もどうかと思いますが…)のアクセサリーを交えて

大量購入してくださるリピーターさんに見積もりを出す時に、

【安い!】と言ってくださる方がよくいらっしゃいます。

褒め言葉なのかな…?

文章でのやりとりなので真意はわかりませんが、

私はいつも返答に悩みます。(ノ∀`;)

確かに最初の頃は、

材料費に近いようなお値段をつけていました。

そもそも売れるかどうかもわからなかったし。

値段の付け方もテキトーでした。

それが夏ごろから売れる数が少しずつ増え始め、

個別のご注文も受けるようになり。

(インスタグラム-instagram-を始めたからです。)

価格設定にルールが必要だと気付きました。

今は自分の決めたルールで価格設定をしているため、

何を作っても何を頼まれても、

電卓で決まった計算式を打ち込み金額を決定しています。

当然単価は少し上がりましたが、

それでも【安い】と言われる。

繰り返します。【販売スタイルの違い】らしいです。

そもそも私は自分を【ハンドメイド作家】と思っていないので、

他の【作家さん】に興味がありません。

リピーター様に、【他の作家さんは~…】と言われても、

わからないのです。(・∀・)

【Mさんと同じ価格帯のハンドメイドアクセサリーを買ったことがありますが、

クオリティーが低くて使えませんでした。】

(この【価格帯】とは原価に近い金額をつけていた頃です。)

これは多分褒めてくれていますね。(*ノωノ)

ありがとうございます。

ですが私はこのリピーター様にも正直にお伝えしました。

【私は作家ではなくOLです。

他の方には興味がなくあまり見ていないのでわかりません。】

私、素直が売りです。(・∀・)

この方、その後もちゃんとリピートしてくださっているのでご安心を。

【安い】と言ってくださいますが、

私のアクセサリーは決して赤字ではありません。

(もしかしたらご購入者様に無用な心配をかけているのかも!?と、思えてきたのでハッキリ書いておきます。(・∀・))

材料費はしっかり回収していますし、

次のアクセサリーを作る材料費はきちんとまかなっております。

私が欲しいのは次の材料費。

生活費ではないのです。(だって作家じゃなくOLですから)

販売するために作っているのではなく、

自分の物を作ると材料が余るのです。

大儲けしていないと赤字と思われるらしいこの不思議…。

それをとってもわかりやすくまとめてくださっているため、

これからは親しいリピーター様にはこちらを読んでいただこうかしら。(・∀・)

もう一回貼らせていただく。

cyancy.hatenablog.com

これからもきっと私は、細く長く続けていきます。

余談ですが。

【お前みたいに『付加価値』のわからない女は商売に向かない。】

と、言われました。

彼氏に。(・∀・)

(あ、一応いるんです。書いてなかったけど。5年以上連れ添ってます。

【値段は同じ。機能も同じ。2つの掃除機があります。

一つは普通の見た目。もう一つはスタイリッシュでオシャレな見た目。

あなたはどちらを買いますか??】

彼の出した例え話に、私は即答しました。

【は?どっちでもいいし!】

値段も機能も同じなら、掃除機としてこの二つに差はないと考えました。

だけど普通は(特に女性は)違うらしいですね。

私は【実利主義】なんだそうです。

口癖は【結果が全て】です。

変ですか?

でも社会に出て仕事をしていたら普通のことです。

私は過程を重視しません。

必要なのは結果です。

会社に求められるのは給料に見合った仕事の【結果】であり、

【結果を出すための努力】ではないのです。

お陰様で今の職場にヘッドハンティングされ、

私のOL生活は成り立っているのです。

いつか【女性らしい付加価値】を理解できたら、

アクセサリーを可愛くラッピングして発送し始めるかもしれません。(*ノωノ)