読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金属アレルギーのOLが樹脂でピアスを作る日々。

金属アレルギーもちのしがないOL。ピアスが好き。休日はちまちま樹脂ピアスを組み立てたり、読書したりアニメ見たり。とにかくインドアな趣味しかないOLの雑記。

ロングヘアーをバッサリ切って、髪の毛を寄付。~ヘアドネーション~


スポンサーリンク

現実味のない現実。

笑っている自分が薄気味悪く感じる。

こんな時は、何も手につかない。

 

しかしながらワタシは手を止めている場合ではないのだ(少し止めたけど…)。

そんなこんなでちょっぴり間が空いてしまいましたが、本日の本題です。

 

ヘアドネーションに髪の毛を寄付。

JHDACという団体がある。

病気によって頭髪の悩みを持つ18歳未満の子どもたちに、寄付された人毛を使って医療用ウィッグを作成し、無償でプレゼントしているそうだ。

以下が公式サイト。

online-fundraising-1

前々から興味があって、いつか寄付してみようと目論んでいたのだが、ついに実現する時が来た。

条件は31cm以上の髪の毛。

切り方、送り方にも細かい規定がある。

寄付する場合はまずサイトに目を通す必要があり、担当の美容師さんに見てもらわなければならない。

幸いワタシの担当の美容師さんは、ヘアドネーション寄付の経験者であったので、話は早かった。

最近多いよ、と言っていたな。

快く承諾してくれ、手際よくカットしてくれた。

カットした髪の長さを計ったら、46cmだった。

50cm以上の髪は特に不足しているとサイトに書かれていたが、惜しくも届かず。

ちょっと悔しい…。けど仕方ない。

ヘアドネーションに髪の毛を寄付

カットした髪。

 

50cmには届かなかったけどまぁまぁ長さはある。

ワタシの髪はカラーもパーマもしていないので、質はそんなに悪くないはず…。

細くて量が少ないのがちょっと残念だけど。(TдT)

少しでも役に立つなら捨てるよりいいと思う。

こちらのシートに記入して同封すると、髪の毛の受け取り連絡を貰えるらしい。

HPから印刷しました。

必要事項の記入があれば様式はなんでもいいらしいけど、小さすぎる紙はNG。

最低でもハガキサイズ以上にして欲しいとサイトに注意書きがあった。

ワタシが印刷したのはA4サイズ。

あちらの作業の手間が増えるのは承知だが…。

初めてなので今回はワタシもこのシートに記入して受け取り連絡を貰うと思っている。

 

長い髪をバッサリ切る予定の方は、興味があれば下記公式サイトを覗いてみて欲しい。

online-fundraising-1

 

髪に募る想い。

以下はヘアドネーションとは無関係なワタシの髪にまつわる想いである。

女の執念みたいなものに嫌悪感のある方は読まぬが吉。

 

ワタシはボランティアとかチャリティーとかそう言った類が実は苦手である。

だから寄付をする目的で髪を切ったわけではないし、寄付をする目的で髪をまた伸ばす予定もない。

あまりにも髪を伸ばしすぎて、切った髪をただ廃棄するのが勿体なく感じた。

それから、仕事中に病気の子供達を見ているのもあって、切った髪が何かの足しになるのであればそれはそれでイイコトなのかも知れないと思った。

偽善とか、偽善じゃないとか。そんな個人的な感情じゃなくて。

ただ物理的に、髪があればウィッグの材料になるのだ。それだけのこと。

 

実は去年くらいから髪を切ることを検討していた。

30歳の誕生日月に切ろうと決めた。

しかしながら中々決心がつかず、予定より1ヶ月遅れのカットになった。

自分の長い髪には執着していないつもりだったけど、いざ切ろうと思うと簡単ではないことに気がついた。

意外と執着している…。( ̄∀ ̄;)

別に髪を切らなきゃいけないわけじゃない。

それでも切りたい気持ちと、後悔しそうな気持ちがせめぎ合って、日々フラストレーションが増していった。

【何かあったの??】

担当の美容師さんにも聞かれた。

何かあったといえば何かあったし、何もなかったといえば何もなかった。

【何もないよっ。長い髪に飽きただけ。】

笑ってそう答えるのが無難なのはわかっているので勿論そうした。

想いの丈を語りだしたらキリがないし、何より気持ち悪いじゃないか。(´°ω°)チーン

リアルの知り合いにワザワザ気持ち悪い自分を露見する必要はない。

こうやって一度文章にしてしまえばスッキリするのはわかっている。

ワタシの発散方法は10代の時から変わっていない。

ブログって便利だ…。

 

昔から髪を長く伸ばしては、バッサリ切るのを繰り返してきた。

ワタシにとっては気持ちを切り替えるためのルーティーンみたいなものである。

これも10代の頃から変わらない。

昔はよく風呂場で自分でハサミを入れた。

親はビックリである。

娘が発狂したんじゃないかと心配したかもしれない。

だけどワタシはいつだって正気だ。

さすがにいい年した大人が自分で髪を切っては見栄えが悪いので、美容師さんにお願いした。

 

よく失恋したら髪を切るって言うけど、ワタシもその行動には身に覚えがある。

彼氏と別れた時って言うのは髪を切るいいタイミングなのだ。

長い髪を好きな男性は多い。

相手の趣味に合わせれば必然的に髪を伸ばすことになる。

だから別れれば髪を切る。

長い髪は相手の趣味であって、自分の趣味ではないからだ。

別れた男が愛でていたものをずっと身に着けているのも気持ちが悪いし。

少なくともワタシには、気持ちを切り替えるいいキッカケになる。

しかし今回は、別に彼氏と別れたワケじゃない。

むしろ付き合いが長すぎて髪もどんどん長くなり、なんだか色んなものが煩わしくなった。

彼には髪を切ったことは伝えていない。

次に会ったらビックリされると思う…。( ̄∀ ̄;)

髪は時間と共に想いを刻む。

ホラーだ…。恐ろしい…。

伸びる髪がホラーのアイテムにされるのは非常に納得である。

髪を切ったら後悔すると思っていた。

美容師さん曰く、バッサリ髪を切った人にありがちらしい。

切って数日経つと少し後悔する。

今まで当然のようにあった体の一部が無くなるのだから、ある意味では自然なのかもしれない。

ワタシも後悔すると思った。

なんだかんだ言って、長年手間隙かけてきた髪の毛だ。愛着がないわけじゃない。

だけど実際に切ってみて、想像以上に後悔はなかった。

とてもスッキリした気分だ。もう少し短くしても良かったかも知れない。

いっそのこと、もうこのまま男になりたい。

女なんて面倒くさい。無駄なしがらみばかりである。

強くありたい。そう思う。

 

長かった髪

長かった髪。これは前回切った直後だったので実際は更に+5cmくらいあった。

 

バッサリ髪を切った

ちょっと中途半端な切り方だったかもしれない。

 

 

Twitter>>

 

*関連(しない時もある)記事*

moon-memory-m.hatenadiary.com

moon-memory-m.hatenadiary.com

moon-memory-m.hatenadiary.com