金属アレルギーなOLの業務外報告

金属アレルギーもちのしがないOL。ピアスが好き。休日はちまちま樹脂ピアスを組み立てたり、読書したりアニメ見たり。とにかくインドアな趣味しかないOLの雑記。

今村(元)復興大臣がなぜ辞任に追い込まれたのか考えてみた


スポンサーリンク

はからずも2日続けて70歳のおじぃちゃんについて書くことになったこの現実に、ワタシ自身驚きを隠せないでいる。他意はないんですが。

 

今村復興相、失言により辞任

ワタシはどこにでもいるような意識底辺系のOLで。『復興大臣は誰?』なんて突然聞かれても咄嗟に名前なんて出てこないようなちょっと(?)常識のない感じである。

しかし今日のワイドショーで覚えてしまった。今村復興大臣。そして覚えた瞬間に復興大臣ではなくなってしまった…。(´°ω°)チーン

立て続けに2回も失言を放ち辞任に追い込まれた今村元復興大臣。今日話題になっていたのは、2回目の失言の件だった。


大震災「東北で良かった」今村大臣“失言”総理謝罪(17/04/25)

「(社会的資本の毀損も)25兆円という数字もあります。これは、まだ東北で、あっちの方だったからよかった。」

あぁ、言ってしまった。【震災が起こったのが東北でよかった】と言ってしまったのだ。

 

今村元復興大臣はなぜ責められるのか

彼は間違ったことを言っただろうか。ワタシはそうは思わない。しかしこれが復興大臣として適切な発言だったのかと聞かれれば…、やはり答えはNOである。

本音と建前】という言葉を大半の日本人なら聞いたことがあるはずだ。日本人は建前をとても大切にする。しかし今村元復興大臣は、建前を無視して本音の方を言及してしまった。そこはとてもデリケートな問題で、公の場で気軽に触れてはいけないのだ。

しかし彼はそのデリケートゾーンに土足で踏み込み、大衆の感情を揺さぶってしまったのではないかと思う。

 

広場で隣の人間が突然雷に打たれた時に、【あぁ、隣の人ではなくて自分が雷に打たれるべきだった!】と本気で嘆くは滅多にいないはずだ。大半の人間は【あぁ、自分じゃなくて良かった…】と胸をなでおろすに違いない。

それは別に隣の人が憎いわけではなくて、もちろん隣の人の不幸を望んでいるわけでもない。自分が生き延びて良かったと思うのは生き物としての本能だ。だからそう思ったことを他人が責めることは出来ない。しかし、だからと言って【自分じゃなくて良かった】と声高に叫ぶ人間はあまりいない。それによって自分が周りからどんな目で見られるか、大抵の人間はなんとなく理解している。人間の心理は複雑なのだ。

 

今回の今村元復興大臣の発言も似たようなものだとワタシは思った。彼は経済的損失の話をしていたらしいのだけど、言っていることは確かにそうだ。

同じ規模の災害がもし首都圏で起こったら??経済的損失、犠牲者の数、日本という国の混乱。どれをとっても被害は東北より上だろう。だからそういう意味では、震災が起こったのが東北エリアでまだよかったのだ。

しかしそんなことは彼が言うまでもない。みんなわかってる。誰もが知っているし、それが事実だ。わかった上で、みんな揃って口を噤んでいるのである。

大衆は何も、【東北の人が被災すればいい】とか、【東北の人が不幸になればいい】とか、そんなことは決して思ってはいない。だけど【東北の代わりに自分の住む土地が被災すれば良かったのに】とも思えないのだ。間違いなくどちらも本音である。

だから被災者に配慮して、口を噤んでいる。

そしてきっと、今村元復興大臣に足りなかったものは被災者への配慮なのだ。彼の発言は被災者にとってあまりにも無神経だったし、大衆にとっても地雷だった。細心の注意を払ってバランスをとっていたはずの天秤を、彼は盛大にひっくり返したのだ(ブログの炎上商法かよ)。

政治家としての自分の発言を周りがどう受け取るのか、復興大臣とはどうあるべきなのか。そこを世間と擦り合わせて認識できなかった彼の完全なる敗北である。

 

今村元復興相、エヴァンゲリオンのネクタイ問題

今回の失言のニュースとセットで、必ずと言っていいほど紹介されるのが、【今村元復興大臣のネクタイがエヴァンゲリオンの絵柄】だということ。

え?70歳のおじぃちゃんがエヴァンゲリオン好きなの??なんて。ワタシはさほど興味をそそられなかったのだけど。意外なネット情報を見つけてしまった。

borderline.blue

なるほど…。【復興大臣として】のちゃんとした理由があったのか。確かに、70歳の大臣がエヴァのネクタイを身に着けて人前に立ち続けるのは、それなりの覚悟が必要だと思う。もしかするとそこには、彼なりの覚悟や志が反映されていたのかもしれない(ただの話題作りかもしれないけど)。非常に残念だなぁ…と思う。

 

今日のまとめ

今村元復興大臣は、きっと間違ったことは言っていない。だけど、言うべきではないことを言ってしまった。

そもそも画面に映った時は気づかなかったけど、既に御年70歳。これは普通に【おじぃちゃん】て呼ぶにふさわしい年齢だよね?老人てやつだ。間違いなく。

記者との感情的なやり取りも話題になったようだけど、70歳のおじぃちゃんなんて割とそんなもんだよ(うちの患者さんたちとの相対的比較。ワタシ主観)。ボケてたって全然おかしくない年齢。

そもそもの問題は、そんな高齢者じゃなくて、もう少し若い人が上に立ってくれないかなぁ…という所。

今日のテレビは1日中今村元復興大臣の映像垂れ流しで、あんまり興味ないはずなのに彼のことたくさん考えちゃった。(;´∀`)

 

そんな感じで、本日ワタクシからは以上でございます。

オヤスミナサイ☆|)彡サッ

 

 

*関連(しない時もある)記事*