金属アレルギーのOLが樹脂でピアスを作る日々。

金属アレルギーもちのしがないOL。ピアスが好き。休日はちまちま樹脂ピアスを組み立てたり、読書したりアニメ見たり。とにかくインドアな趣味しかないOLの雑記。

昔好きだったあゆの曲を久しぶりに聴いたら共感できなくてちょっと戸惑う【End roll】


スポンサーリンク

小学校高学年くらいからあゆが流行りだした。

中学時代はカラオケの全盛期で、お小遣いはほとんどカラオケ代に消えた。思春期で反抗期の中学生にとって、あの個室は天国だった。

あゆも沢山歌った。

あゆ=浜崎あゆみ

 

【浜崎あゆみ】という歌姫がいた

YouTubeで偶然出てきた。現在の彼女がどうしているかなんて知らないし、興味もないんだけど。昔の彼女と彼女の曲にはワタシも想い出が詰まってる。懐かしい…。動画を今見ても可愛いと思う。

彼女が人気だったのは、あのお人形のような外見と、思春期の少女に共感される切なくやるせない歌詞、そしてそれを感傷的に歌い上げる歌唱力。

だと、ワタシは思っている。

彼女はよく、歌いながら泣いていた。きっと彼女自身、色々な経験があったんだろうと思う。そんな姿に共感する思春期女子たちが、当時沢山いたのだ(ワタシも含めて)。まさに歌姫であった。

 

久しぶりに【あゆ】の【End roll】を聴いた

昔好きだった曲の一つだ。あゆが喉を潰す前の、割と初期の頃の作品だったはず。

ワタシは少し掠れた声の方が好きだったけど(なのでそっちの動画を貼っておく)。


浜崎あゆみ / End roll

End roll

作詞:浜崎あゆみ 作曲:D・A・

I

もう戻れないよ
どんなに懐かしく想っても
あの頃確かに楽しかったけど
それは今じゃない

思い出している いつも不器用な
幕の引き方をしてきたこと

君はどこにいるの
君はどこへ行ったのか
遠い旅にでも出たんだね
一番大切な人と

もしも私から何かを
口にしていたのなら
終わりが見えてる始まりなんかじゃ
なかったはずだね

泣いても欲しがる子供のようには
なれなくて精一杯のサヨナラ

そして歩いて行く
ひとり歩いてみるから
君のいなくなった道でも
光照らしていける様に

人は哀しいもの
人は哀しいものなの?
人はうれしいものだって
それでも思ってていいよね

そして歩いて行く
君も歩いてくんだね
ふたり別々の道でも
光照らしていける様に...

昔の想い出に浸りながら気分良く聴いていたのだが、なんか途中でひっかかった

 

ん??

 

んん????

 

泣いても欲しがる子供のようには
なれなくて精一杯のサヨナラ

 

そっか…。

ワタシは大人になるに連れて学んでしまった。

本当に欲しいものなら、泣いても喚いてでも手に入れる。

本当に欲しいものなら、形振りなんて構っていられない。

欲しいものを手に入れるチャンスは、そう何度も巡ってくるものじゃない。

たった一度を逃したら、あとは永遠に失うだけだ。

 

人は哀しいもの
人は哀しいものなの?
人はうれしいものだって
それでも思ってていいよね 

 

人というものが多様過ぎて、一括りで見れなくなってしまった。

自分は自分。

自分が愛している特定の人達。

それ意外。

ワタシにとって大半の人は【それ意外】に該当するわけで。哀しみもうれしさも感じない。

 

なんかちょっと腐った大人になってしまったかもしれない…、とショックを受ける病み上がりの真夜中であった。

でも、やっぱりあゆは今見ても可愛いよ。

 

そんな感じで、本日ワタクシからは以上でございます。

おやすみなさいませ|)彡サッ

 

 

*関連(しない時もある)記事*