金属アレルギーなOLの業務外報告

全てのストレスを受け流し、気ままにゆるく生きる意識低めなOLの雑記。

金属アレルギーのはじまり。


スポンサーリンク

※この記事は2018.8.24に加筆・修正を行っています※

ピアスをしたいのに金属アレルギーがある人、意外と多いのではないでしょうか。

私もその一人です。

金属のピアスはかゆくなるので無理。もちろんチタンも無理です。18金やプラチナは大丈夫ですが、そんな高級品を日常使い用に何個も買うのは現実的ではありません。だってお買い物に出かければ、数百円~というお手頃価格で可愛いピアスがたくさん売っているのですから。

仕方がないので私は樹脂ピアスを自分で作っています。既に金属のピアスを持っている場合、メタルコートなんかもおすすめです。

金属部分に塗ってから使えば金属が直接触れないのでかぶれません。塗り直しが少々面倒ではありますが…

このピアスお気に入りなのにかぶれる!!って時はお試しください。

私が金属アレルギーになった時

f:id:moon_memory_m:20180824063558j:plain

金属アレルギーと言っても、人それぞれ症状によって状況が違うと思います。

ほんの一例として、私の金属アレルギー遍歴をご紹介。

最初の金属アレルギー発症は小学生時代

小学生だったある日の昼休み。私は自分の手がなんだか熱くて痒くて痛いような腫れてるような…、とにかく異常な事態であることに気づきました。

手のひらを見ると、真っ赤でボツボツしていて、なんだか気持ち悪い状態に。びっくりして保健室へ駆け込み、先生に見せました。

 

先生「校庭で何してたの?」

 私「鉄棒!

先生「あぁー。それ金属アレルギーだね。」

私「どうしよう?」

先生「よく手を洗って、しばらくしたら治るよ。鉄棒は触らないようにね」

 

小学校低学年の私。当時は金属アレルギーの意味もよくわからず。

とにかく大好きな鉄棒を触るなと言われたのがショックでした。

今思えば先生、対応かなり適当ですね。そんな気軽に金属アレルギー宣告しないでよ。その後の人生けっこう大変なんだから。

今思い返すと先生の対応について、腑に落ちない点もありますが(笑)人生のかなり早い段階で私は金属アレルギーのレッテルを貼られたのであります。

鉄棒ごときで金属アレルギーって発症しちゃうんですねー。子供には辛すぎる現実…。(´°ω°)チーン

日常生活で自覚症状が出はじめる

女の子なので、小学校高学年あたりからはアクセサリーなどにも興味を持ち始めます。子どもが身に着けるアクセサリーは当たり前ですが安物です。金属アレルギーの人たちが嫌う【メッキ仕様】です。

ネックレスをすればたちまち痒くなります。真っ赤になって掻き毟ります(子供だから)。

ミミズ腫れってうまい言葉だなーって思います。本当にミミズのように、金属が触れたところだけ線になって腫れるのです。そして異常に痒い。

アクセサリーが禁止になりました。

親に禁止されなくても、身につければとんでもない仕打ちが自分に返ってきます。

呪い?これ呪いなの???

女の子にはツライ現実よねー。

中学生時代の金属アレルギー

ほんの少しだけ大人になりました。

ある時、母からネックレスをもらったのです。アクセサリー屋さんの福袋に入っていたアイテムの一つと聞きました。

年始だったってことですね。

 

母「安物ではあるけど、一応本物。」

 

確かそんなことを言っていた気がします。

今でも忘れられない、小さなガラス製リンゴのチャームがついたネックレス。とても可愛くてひと目で気に入りました。細いチェーンは18Kだったらしい。

生まれて初めての【本物】です。

ドキドキ。

恐る恐る使い始めましたが、かぶれる気配なし。

18金の価値なんて全く分からなかったけど、【本物】の響きがなんだか大人になったみたいで嬉しかったのを覚えています。

凄く嬉しかったのと、季節が冬だったこと。そして私の雑な性格が合わさって、私はある日、奈落の底へ落ちました…(´°ω°)チーン

 

悲しい思い出なので、続きはまた後日。。・゚・(つД≦`)・゚・。

 

 

*関連(しない時もある)記事*