【進撃の巨人】20巻 著者:諫山創 を読んだのであらすじと感想。

※この記事はH28.12.12に加筆・修正を行っています※ 雑踏の中耳を塞ぎ、目を閉じる。 誰かが奏でるメロディーにそっと耳を傾け、 誰かが紡ぐ言葉を静かに目で追いかける。 そこに広がる世界は特別なもの。 誰も辿り着けない、自由への旋律。 電子版で配信された進撃の巨人20巻を早速読みましたので、ざっくりとあらすじと感…